Vectornatorに外部のカスタムフォントを追加する方法

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。

Vectornatorで外部のカストムフォントを追加する方法をご紹介します。

Vectornatorの使い方を体系的にまとめました!

Vectornatorの使い方大全集

愛用するVectornatorの基本的な使い方やマニュアル的なことから、実際のイラスト制作やデザイン制作に役立ちそうなTipsをまとめました。 随時更新していくので、Vectornat…

Vectornatorに外部のカスタムフォントを追加する方法

Vectornatorで外部のカストムフォントを使うときは次の流れでそのフォントをiPad(やiPhone、Mac)にインストールします。

  • 目的のフォントデータを用意する
  • 用意したフォントデータをiPad(iPhone、Mac)にインストールする
  • Vectornatorでカスタムフォントを使う

順番に見ていきます。

MacのVectornatorに外部のカスタムフォントを追加する方法はこちら

MacのVectornatorに外部のカスタムフォントを追加する方法

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。 MacのVectornatorに外部のカスタムフォントを追加したいなと思い、過去に自分で書いたVectornatorに外部のカスタムフ…

Vectornatorとはベクターグラフィックのデザインに必要な機能を揃えた無料のアプリ

はじめにVectornatorについてざっくりとご説明します。

Vectornatorとはベクターグラフィックのデザインに必要な機能を揃えた無料のアプリです。

Vectornatorだけで、デザインやイラストレーションなど幅広く作業することができます。

対応しているOSは、iOSやiPadOS、MacOSでApp StoreやVectornatorのホームページからダウンロード・インストールすることができます。

Adobeとの親和性も高く、Adobe Illustrator形式での書き出しやCreative Cloudに連携をすることもできます。

ベクターグラフィックとはなんぞやという状態の方は、いきなりAdobe Illustratorを買うのではなく無料のVectornatorから始めて、ベクターグラフィックの感覚を掴むのもいいと思います。

僕はまさにそのタイプで、結局Vectornatorを使い続けています。

Vectornatorの使い方やできることについてはこちら!

Vectornatorの使い方。できることは?iPadで無料版ai? - イラストレーターハセガワのホームページ

Vectornatorの使い方やできることをご紹介します。ペンツールやシェイプツールを使ったベクターのイラストやデザイン作成を始めとして、PDFの編集を行うこともできます。…

目的のフォントデータを用意する

まずは目的のフォントのデータを入手しましょう。

今回、僕は「dokokaフォント(https://booth.pm/ja/items/2336853)」で試してみます。

iPadの場合、ダウンロードするとブラウザの右上に「①↓」のアイコンが表示されるので、それをタップするとダウンロードしたファイルを確認できます。

先程のダウンロードしたファイルをタップすると、ファイルアプリが立ち上がります。

「①ダウンロードフォルダ」に「②ダウンロードしたファイル」があると思います。

ダウンロードしたファイルがzipの場合、ファイルアイコンをタップすると解凍することができます。

解凍すると、たいていは同名のフォルダが生成されます。

生成されたフォルダをタップして、中身を確認します。

今回の「dokokaフォント」では次のファイルが格納されています。

  1. フォントのデータファイル
  2. フォントの利用規約

この内容は使用するフォントにより異なると思いますが、拡張子が「.ttfや「.otf」のファイルがフォントのデータファイルになります。

「dokokaフォント」ではotfファイルですね。

また、利用規約もカスタムフォントにより異なるので、使う前にしっかりと確認するようにしましょう。

以上でフォントデータの用意は完了です。

Vectornatorでパスに沿ってテキストをカーブさせる方法はこちら!

Vectornatorでパスに沿ってテキストをカーブさせる方法を現役イラストレーターが解説

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。 Vectornatorでパスに沿ってテキストをカーブさせる方法をご紹介します。 Vectornatorでパスに沿ってテキストをカーブ…

用意したフォントデータをiPad(iPhone、Mac)にインストールする

次に用意したフォントデータをiPadにインストールします。

インストールするには「Fontinator」というアプリを使用します。

Fontinatorとは、Vectoanatorの制作チームが提供している無料のアプリです。

Fontinatorを使うことで、iPadやiPhoneにカスタムフォントのファイル(.TTF、.OTF)をインストールすることができます。

Fontinatorは、Vectornatorの「①設定画面」にある「②フォントライブラリ」からアクセスすることができます。

Vectornatorでテキストをアウトライン化する方法はこちら!

Vectornatorでパスやテキストをアウトライン化する方法【現役イラストレーター解説】

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。 Vectornatorでパスやテキストをアウトライン化する方法を解説します。 Vectornatorでパスやテキストをアウトライン化…

初めてフォントライブラリにアクセスしたときは「①ポップアップ」が表示されるので、そこからApp StoreにアクセスしてFontinatorをダウンロードします。

Fontinatorのホーム画面にある「①+アイコン」をタップします。

するとファイルアプリが起動するので、先程ダウンロードした「①フォントファイル」を選択します。

ファイルを選択するとFontinatorのホーム画面に「①フォント」が追加されます。

「②Install Fonts」をタップしてiPadにフォントの構成プロファイルをダウンロードします。

「①Download this profile」をタップします。

構成プロファイルダウンロードの確認が表示されるので、それを許可します。

ダウンロードしたフォントの構成プロファイルをインストールします。

iPadの設定アプリを起動して、「①iPad設定の提案」から「②プロファイル」を確認します。

プロファイルの確認画面が表示されたら、「①インストール」をタップしてインストールすを開始します。

フォントのプロファイルが「②未署名」の場合、メッセージがポップアップされることがありますが任意でインストールを実行してください。

パスコードの入力を求められるので入力します。

ここまでやるとiPad(iPhone、Mac)に用意したフォントデータのインストールが完了します。

インストールしたプロファイルは、設定アプリの「①一般」にある「②VPNとデバイス管理」から確認できます。

Vectornatorで文字を縦書きする方法はこちら!

Vectornatorのテキストツールで書いた文字を縦書きにする方法

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。 Illustratorでは縦書き用のテキストツールがあるようですが、Vectornatorのテキストツールは横書き用しかありません。…

Vectornatorでカスタムフォントを使う

iPadにインストールしたカスタムフォントをVectornatorから参照してみます。

Vectornatorのテキストツールで適当なテキストを描き、「①スタイルタブ」の「②フォント」を選択します。

「③フォントの一覧」にあるインストールした「④フォント」、僕の場合は「DOKOKA」というフォントを選択します。

「DOKOKA」を選択するとちゃんとテキストのフォントが変わります。

フォントのビフォー・アフターです。

カスタムフォントがちゃんと機能しているようです。

まとめ

以上がVectornatorで外部のカストムフォントを使う方法です。

初回はFontinatorやカスタムフォントのインストールなどややこしい設定が多いですが、1度その設定を行ってしまえば以降はいつでも使えるのでぜひやってみてください。

Vectornatorでカスタムフォントを使う方法の流れ

  • 目的のフォントデータを用意する
  • 用意したフォントデータをiPad(iPhone、Mac)にインストールする
  • Vectornatorでカスタムフォントを使う