Vectornatorでトリムマーク(トンボ)をつける方法

ライオンと王冠のイラスト

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。

Illustratorではトリムマーク(トンボ)の設定があるようですが、Vectornatorにはそのような設定はありません。

そのため、Vectornatorでトリムマーク(トンボ)をつける場合は自分でそれをつくる必要があります。

vectornatorでトリムマークを作る

今回はその具体的な方法をご紹介します。

Vectornatorの使い方を体系的にまとめました!

Vectornatorの使い方大全集

愛用するVectornatorの基本的な使い方やマニュアル的なことから、実際のイラスト制作やデザイン制作に役立ちそうなTipsをまとめました。 随時更新していくので、Vectornat…

Vectornatorでトリムマーク(トンボ)をつける方法

次の流れでトリムマーク(トンボ)をつくります。

トリムマーク(トンボ)をつける流れ

  1. アートボードの単位を「ミリメーター」に変更する
  2. 図形ツールでトリムマーク(トンボ)を描く
  3. トリムマーク(トンボ)の位置を調整する

順番に解説します。

Vectornatorに関するその他のことはこちら!

Vectornatorの使い方。できることは?iPadで無料版ai?

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。 僕がイラストを描くのによく使っているVectornatorというアプリについて次の観点でご紹介します。 Vectornatorはどう…

アートボードの単位を「ミリメーター」に変更

アートボードの単位の変更は、「①ドキュメント設定」の「②単位」から行います。

アートボードの単位を変える

単位は次のいずれかに変更することができます。

Vectornatorで使えるアートボードの単位

  • ポイント
  • パイカ
  • インチ
  • ミリメーター
  • センチメートル
  • ピクセル

ドキュメント設定は、ウィジェットエリアの「①歯車アイコン」→クイック設定メニューの「②環境設定」からアクセスします。

vectornatorのドキュメント設定を開く

今回は単位に「ミリメーター」を設定しておきます。

vectornatorで単位を設定

図形ツールでトリムマーク(トンボ)を描く

ツールバーより図形ツールで「①線」を選択し、垂直線と水平線をそれぞれ4本ずつ引きます。

vectornatorの図形ツールで直線を描く

2本指で画面をタップした状態できれいな垂直線、垂直線を描けます。

各線をだいたいで端に配置します。

ここで描いたピンク色の外側の線をトリムマーク(トンボ)の「①仕上がり線」、黒色の内側の線をトリムマーク(トンボ)の「②塗りたし線」とします。

トリムマーク(トンボ)の位置を調整する

Vectornatorでは、オブジェクトをタップした状態でスライドすると直感的に移動できます。

ですがそれだと正確な位置を取りにくいので、今回はアートボードの左上を基点として数値で位置を指定します。

数値で位置を指定するときは、「①アレンジタブ」の「②位置セクション」から行います。

vectornatorのアレンジタブ

オブジェクトを選択した状態で、位置セクションのx軸とy軸に値を入力すると、そのオブジェクトがアートボードの左上を基点とした入力された値の位置に表示されます。

例えばアートボード左辺の最端にオブジェクトを配置したい場合は、位置セクションのx軸に0を入力します。

vectornatorでオブジェクトの位置を指定する

また、アートボード下辺の最端にオブジェクトを配置したい場合は、位置セクションのy軸にアートボードの高さを入力します。

vectornatorでオブジェクトの位置を指定する

アートボードの「①幅」と「②高さ」は、それぞれアートボードの左下と右上に表示されています。

vectornatorでアートボードのサイズを調べる

事前にドキュメントの単位を「ミリメーター」に設定していると、これらの数値は自動的に「ミリメーター」単位になります。

以上を踏まえて、各辺のトリムマーク(トンボ)の位置を次の通り設定します。

線の役割x軸の位置y軸の位置
左辺外側の線(塗りたし線)10デフォルト値
内側の線(仕上がり線)13デフォルト値
右辺外側の線(塗りたし線)アートボードの幅-10デフォルト値
内側の線(仕上がり線)アートボードの幅-13デフォルト値
上辺外側の線(塗りたし線)デフォルト値10
内側の線(仕上がり線)デフォルト値13
下辺外側の線(塗りたし線)デフォルト値アートボードの高さ-10
内側の線(仕上がり線)デフォルト値アートボードの高さ-13

すると各直線が次のような配置となります。

vectornatorでオブジェクトの位置を指定する

線が太かったので細くしました。

vectornatorで線を細くする

アートボードの最端にトリムマーク(トンボ)を配置するとわかりにくいので、各辺とも最端からプラス10mmの位置を基点に外側の線(塗りたし線)を配置します。

内側の線(仕上がり線)は、3mmの塗りたし領域ができるように外側の線(塗りたし線)よりさらにプラス3mmの位置(13mm)を指定しています。

これだけでも良いと思いますが、はさみツールで余分な線をカットすることでトリムマーク(トンボ)を四隅だけにすることもできます。

vectornatorでトリムマークを作る

Vectornatorのはさみツールについてはこちら!

Vectornatorのはさみツールでベクターオブジェクトを分割する【現役イラストレーター解説】

イラストレーターのハセガワ(@h_hasegawa8)です。 Vectornatorのはさみツールの使い方をご紹介します。 Vectornatorのはさみツールでベクターオブジェクトを分割する【…

まとめ

以上がVectornatorでトリムマーク(トンボ)をつける方法です。

Illustratorのようにトリムマーク(トンボ)の設定があるにこしたことはありません。

ですがVectornatorにはそのような設定がないので、どうしても必要であれば自作するのもよいと思います。