FileZiilaでXserverにSFTP接続する方法【秘密鍵の設定】

笑顔なコーギーのイラスト

イラストレーターのハセガワです。

FileZiilaでXserverにSFTP接続する際に行う秘密鍵の設定方法を解説します。

FileZillaをまだ起動されていない場合は、【注意点あり】Windows10にFTPソフトのFileZillaをインストールする方法を参考にインストールしてください。

【注意点あり】Windows10にFTPソフトのFileZillaをインストールする方法

オープンソースの無料FTPソフトであるFileZillaをWindows10にインストールする方法を解説します。 FileZillaのインストーラーを入手 FileZillaのインストーラーを公式サイ…

FileZillaを起動

FileZillaを起動

FileZillaを起動します。初回起動の時は「FileZillaにようこそ」のダイアログが表示されるので、「OK」をクリックしてこれを閉じます。

設定画面を開く

設定画面を開く

FileZillaのウィンドウ左上にある「編集」から、「設定」をクリックして設定画面を開きます。

「公開鍵認証」設定画面から鍵ファイルを追加

「公開鍵認証」設定画面から鍵ファイルを追加

設定画面左側のツリーから、SFTPをクリックします。そうすると、右側に「公開鍵認証」画面が表示されます。その画面の「鍵ファイルの追加」をクリックします。

鍵ペアを選択

Xserverから取得した公開鍵認証用の鍵ペアを選択し、「開く」をクリックします。

鍵ファイルの変換

「鍵ファイルの変換」を求められるので「はい」をクリックします。

パスワード入力

パスワードの入力を求められるので、Xserverから公開鍵認証用の鍵ペアを取得する際に入力したパスワードと同じパスワードを入力します。
入力すると「OK」がクリックできるようになります。

秘密鍵ファイル保存

変換後の鍵のファイル名を設定します。これが秘密鍵のファイル名になります。ファイルの種類は「*.ppk」です。保存される秘密鍵のファイルは、ここで保存するフォルダから移動させてはいけなにので、それでも支障のないフォルダに保存するようにしましょう。ファイル名、ファイルの種類、保存するフォルダを入力したら「保存」をクリックします。

「公開鍵認証」画面の「秘密鍵」に保存した秘密鍵が表示されます。それを確認したら「OK」クリックします。「OK」をクリックしないとサーバーに接続されないので、忘れないようにしましょう。

以上がFileZiilaでXserverにSFTP接続する際に行う秘密鍵の設定方法です。