Curve(旧Vectornator)でオブジェクトに遠近感を出す方法

2022/11/26 | Tips, Vectornator, アプリ

イラストレーターのハセガワ(lit.link)です。

Adobe illustratorではオブジェクトを遠近感があるように変形できるツールがあるようですが、Vectornatorにはそのようなツールはありません。

ですが、Vectornatorでもオブジェクトに遠近感を出したいときがあると思います。

そんなときVectornatorでは、「アイソメグリッド」と「スナップ」を使うことでオブジェクトを遠近があるように変形させることができます。

そこで今回は、Vectornatorでオブジェクトに遠近感を出す方法をご紹介します。

他にもVectornatorの使い方をいろいろとご紹介しているので、Vectornator大全集もご覧ください。

Vectornatorでオブジェクトに遠近感を出す方法

冒頭の通り、Vectornatorでは、「アイソメグリッド」と「スナップ」を使うことでオブジェクトを遠近があるように変形させることができます。

具体的には、次のような流れで作業を行います。

  • 遠近感を出したいオブジェクトを描く
  • アートボードにアイソメグリッドを表示する
  • グリッドにスナップを有効にする
  • オブジェクトを変形させる

順番にご説明します。

遠近感を出したいオブジェクトを描く

まずは遠近感を出したいオブジェクトを描きます。

アートボードにアイソメグリッドを表示する

Vectornatorでは、アートボードにグリッドを表示することができます。

アイソメグリッドを表示して、オブジェクトを変形するときの目安とします。

アイソメグリッドの角度が遠近感に影響してきます。

グリッドにスナップを有効にする

アイソメグリッドに沿ってより正確にオブジェクトを変形するために、グリッドにスナップを有効にしておきます。

有効にするとオブジェクトの変形や移動をしたときに、自動でアイソメグリッドにフィットするように補正されます。

オブジェクトを変形させる

アイソメグリッドに沿ってオブジェクトを台形になるように変形させてみます。

すこし奥行きや遠近感を感じるようになりましたが、まだ物足りない気がします。

そんなときは、遠くへ行くほど暗い色でグラデーションさせると、より遠近感がでます。

まとめ

以上がVectornatorでオブジェクトに遠近感を出す方法です。

オブジェクトをグリッドにスナップさせながら描くことで簡単に遠近感を出すことができるので、ぜひ試してみてください。