【2021年最新版】Google Analyticsの登録・WordPressとの連携方法

スキップしてる人

イラストレーターのハセガワです。

この記事を読むと次のことが分かります!

  • Google Analyticsの登録方法
  • Google AnalyticsとWordPressを連携する方法

2021年4月に確認した情報なので、これからGoogle Analyticsの導入を考えている方は参考になるかと思います。是非、最後までご覧ください!

Google Analyticsの登録方法

まずはGoogle Analyticsの登録方法について解説します。手順は大きく分けて次の3つあります。

  1. Google Analyticsにアクセス
  2. Googleアカウントの作成・ログイン
  3. Google Analytics登録

詳しく解説していきます。

Google Analyticsにアクセス

GoogleAnalyticsにアクセス

まずはGoogle Analyticsの公式サイトにアクセスしましょう。検索バーから「Google Analytics」と検索するか、こちらからアクセスしてください。

Googleアカウントの作成・ログイン

GoogleAnalyticsへようこそ

Googleアカウントの有無でGoogle Analyticsの公式サイトにアクセスしたときの表示が異なります。アカウントを持っているけどログインしていないよ、という方はここでログインしましょう。まだアカウントを持っていない方はここで作成しておきましょう。

Googleアカウント作成

既にGoogleアカウントを持っていて、かつログイン状態である場合は冒頭の「測定を開始」と書かれたボタンが表示されている画面が表示されます。「測定を開始」をクリックすることで次に進みます。

Google Analyticsのアカウント情報設定

Google Analyticsのアカウント情報として、次の2つを設定します。

項目説明
アカウント名Google Analyticsのアカウント名になります。
お好きな名前を付けてください。
アカウントのデータ共有設定Google AnalyticsのデータをGoogleと共有するか否かの設定です。
基本的に4つともチェックオンで問題ありませんが、好みに合わせてカスタムしましょう。

Google Analyticsアカウントのプロパティ設定

Google Analyticsのアカウントプロパティとして、次の3つを設定します。

項目説明
プロパティ名Google Analyticsで分析を行うWebサイトの名前です。
レポートのタイムゾーンだいたいの方が「日本」を選択するかと思います。
アカウントのデータ共有設定だいたいの方が「円」を選択するかと思います。
プロパティ設定

プロパティの詳細も設定するので、「詳細オプションを表示」クリックしてください。詳細オプションでは、次の2つを設定します。

項目説明
ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成チェックしておくのが推奨されています。
ウェブサイトのURL欄Google Analyticsで分析を行うWebサイトのドメイン名です。
プロパティ詳細設定

ここまで設定したら「次へ」をクリックしてください。

ビジネスの概要の設定

次に、Google Analyticsで分析を行うWebサイトのビジネス概要として、次の3つを設定します。
設定が完了したら「作成」をクリックしてください。

項目説明
業種Webサイトの業種を選択。
ビジネスの規模何人規模かを選択。
利用目的Googleアナリティクスで利用する予定の機能を選択
ビジネスの概要の設定

「作成」をクリックすると利用規約の確認画面が表示されます。チェックして「同意する」をクリックしてください。

利用規約の確認

登録完了

利用規約に同意すると登録完了です。
そのままWordPressとGoogle Analyticsを連携してしまいましょう。

連携しないとWebサイトが解析されないので、忘れないようにしましょう!

Google AnalyticsとWordPressを連携する方法

連携は、WordPressにGoogle AnalyticsのトラッキングID、もしくはトラッキングコードを設定することで完了します。トラッキングIDを使用した連携の方が簡単なので、初心者の方にお勧めです。それぞれ順番に解説していきます。

Google AnalyticsのトラッキングIDをWordPressに設定

WordPressのテーマ「Cocoon」を例に解説します。Cocooc以外のテーマを使用されている場合、そのテーマの公式サイトかこの後の「トラッキングコードを使用した設定方法」をご確認ください。トラッキングコードを使用した設定は、WordPressのテーマに関係なく共通手順で行うことができます。

Google AnalyticsとWordPressの連携をトラッキングIDで行うには、大きく次の2手順を踏みます。

  1. Google AnalyticsのトラッキングIDを取得
  2. Google AnalyticsのトラッキングIDをWordPressに設定

詳しく解説していきます。

Google AnalyticsのトラッキングIDを取得

Google Analyticsのホーム画面左下、「管理」をクリックしてください。

トラッキングID取得

画面中央に表示されるプロパティで「UA-」から始まる項目を選択し、「トラッキング情報」 - 「トラッキングコード」をクリックします。

トラッキングID取得

表示された画面上部にトラッキングIDが表示されているので、それを控えておきましょう。

トラッキングID取得

Google AnalyticsのトラッキングIDをWordPressに設定

WordPressの管理画面へアクセスし、管理画面左側の項目から「Cocoon設定」をクリックします。

トラッキングID設定

Cocoon設定画面から、「アクセス解析・認証」をクリックします。

トラッキングID設定

アクセス解析・認証画面の「Google AnalyticsトラッキングID」に、先ほど控えたトラッキングIDを入力します。

トラッキングID設定

「変更をまとめて保存」をクリックすると、トラッキングIDを使用したWordPressとGoogle Analyticsの連携が完了します。

Google AnalyticsのトラッキングコードをWordPressに設定

トラッキングコードを使用した設定はWordPressのテーマに関係なく共通手順で行うことができます。

Google Analyticsのトラッキングコードを取得

Google AnalyticsのトラッキングIDをWordPressに設定」と同様の手順で、Google Analyticsのトラッキングコード画面を表示します。
「グローバル サイトタグ(gtag.js)」に表示されているのがトラッキングコードです。こちらを控えておきましょう。

トラッキングコード取得

Google AnalyticsのトラッキングコードをWordPressに設定

WordPressの管理画面へアクセスし、管理画面左側の項目から「外観」をクリックします。そして、外観画面から「テーマエディター」をクリックします。

トラッキングコード設定

画面右側のテーマファイルから、テーマヘッダー:header.phpを探してクリックします。

注意
テーマを直接編集するときはサーバーからファイルをバックアップしておきましょう。そうすると、万が一ページが崩れアクセスできなくなってしまったときに復旧が可能です。
バックアップにはいろいろな方法がありますが、そのうちFTPソフトを使用してサーバーに接続する方法を「FileZiilaでXserverにSFTP接続するために必要な設定の流れ」にまとめています。この作業を行う事で、サーバーにあるheader.phpを自分のPCに持ってくることができるので、良ければ参考にしてください。

header.phpが無い場合
画面右上の「編集するテーマを選択」で選択中のテーマが子テーマの場合、親テーマに変更しましょう。

トラッキングコード設定

header.phpが表示されたら、「</header>」の直前に先ほど控えたトラッキングコードを入力します。

トラッキングコード設定

ページ下部の「ファイルを更新」をクリックすると、WebサイトとGoogle Analyticsの連携が完了します。

トラッキングコード設定

おわりに

以上が、2021年4月時点でのGoogle Analyticsの登録方法、それとWordPressの連携方法です。

Google Analyticsは、Search Consoleとセットで使用するとより効果があります。
Search Consoleの導入方法も「【2021年最新版】Search Consoleの登録・WordPress(Xserver)との連携方法」にまとめているので、是非ご覧ください。
また、この2つを連携する方法も「【2021年最新版】Google AnalyticsとSearch Consoleを連携する方法」にまとめています。こちらも是非ご覧ください。