【2021年最新版】Search Consoleの登録・WordPress(Xserver)との連携方法

鬼に金棒

イラストレーターのハセガワです。

この記事を読むと次のようなお悩みが解消されます!

  1. Google Search Consoleの登録方法が分からない
  2. Google Search ConsoleとWordPress(Xserver)の連携方法が分からない

2021年4月に確認した情報なので、これからSearch Consoleの導入を考えている方は参考になるかと思います。是非、最後までご覧ください!

Search Consoleの登録方法

まずはSearch Consoleの登録方法について解説します。手順は大きく分けて次の3つあります

  1. Search Consoleにアクセス
  2. Googleアカウントの作成・ログイン
  3. Search Consoleに登録

詳しく解説していきます。

Search Consoleにアクセス

まずはSearch Consoleの公式サイトにアクセスしましょう。検索バーから「Search Console」と検索するか、こちらからアクセスしてください。

Search Consoleにアクセス

Googleアカウント作成・ログイン

Googleアカウントの有無でSearch Consoleの公式サイトにアクセスしたときの表示が異なります。
アカウントを持っているけどログインしていないよ、という方はここでログインしましょう。まだアカウントを持っていない方はここで作成しておきましょう。

Googleアカウント作成

ログインするとSearch Consoleのトップページが表示されるので、「今すぐ開始」をクリックします。

Googleアカウントログイン

Search Consoleに登録

プロパティタイプの選択画面が表示されるので、「ドメイン」か「URLプレフィックス」のいずれかに、Search Consoleで分析を行うWebサイトのドメインかURLを入力します。

プロパティタイプの選択

両者の違いはざっくり次の通りです。

項目違い
ドメインサイト全体がSearch Consoleの分析対象になる
URLプレフィックスサイトの特定のページがSearch Consoleの分析対象になる

入力したら「続行」をクリックします。

次行程が「ドメイン」と「URLプレフィックス」で異なります。この記事では「ドメイン」で解説を進めていきます。

ドメイン所有権の確認

プロパティタイプで「ドメイン」の「続行」をクリックした場合、次の画面が表示されます。

ドメイン所有権の確認

画面中央あたり(黒塗りしている部分)に表示されているTXTレコードが、ドメインの所有権を確認するためのコードです。「コピー」をクリックしてコードをコピーします。

注意

このとき、「確認」まだクリックしないでください!

Google Search ConsoleとWordPress(Xserver)の連携

ここからXserverでの作業になります。Xserverのサーバーパネルにアクセスし、「DNSレコード設定」をクリックします。

Xserverのサーバーパネル

ドメイン選択画面から、Search Consoleで分析を行うWebサイトドメインの「選択する」をクリックします。

ドメイン選択

DNSレコード設定画面から、「DNSレコード追加」をクリックします。

DNSレコード設定

すると次の画面が表示されるので、赤枠の項目を入力していきます。

DNSレコード追加

入力内容は次の通りです。

項目入力内容
ホスト空白
種別TXT
内容コピーしたTXTレコード
優先度0

項目を入力したら「確認画面へ進む」をクリックします。
すると次の画面に切り替わるので、その画面の「追加する」をクリックします。

DNSレコード追加

「DNSレコードの追加が完了した」と表示されたら「DNSレコード一覧」をクリックします。

DNSレコード追加完了

追加したTXTレコードが一覧に表示されていればOKです。画像では分かりにくいですが、一覧の一番最後の行に追加されています。

DNSレコード追加確認

Search Consoleの画面に戻り、「確認」をクリックします。

ドメイン所有権の確認

「所有権を証明しました」と表示されたら完了です。

「所有権を証明」には少し時間がかかるようです。僕の場合、5~10分ほどかかりました。

所有権を証明

おわりに

以上がSearch Consoleの登録方法・Search ConsoleとWordPress(Xserver)を連携する方法です。

Search Consoleは、Google Analyticsとセットで使用するとより効果的です。
Google Analyticsの導入方法も「【2021年最新版】Google Analyticsの登録・WordPressとの連携方法」にまとめているので是非ご覧ください。
また、この2つを連携する方法も「【2021年最新版】Google AnalyticsとSearch Consoleを連携する方法」にまとめています。こちらも是非ご覧ください。